[C.V.]


Portfolio: Curatorial (19th October, 2018 ver.)

Portfolio: Graphical mainly (19th March, 2019 ver.)


TAKUYA TSUTSUMI

Curator and Graphic designer
Born in Japan (1987) and based in Kyoto.

[Education]
MA, Cultural Studies, Specialty Intercultural Communication at Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland (10. 2017 – 09.2019)
BA, Department of Information Design: Intermedia Art at Kyoto University of Art and Design, Kyoto, Japan (04.2007 – 03. 2011)

[Professional Experiences]
Project manager: Yamanaka Suplex (2018 – present)
Curator: Freelance (04. 2016 – present)
Director / Curator: ARTZONE of Kyoto University of Art and Design, Kyoto, Japan (04. 2013 – 03. 2016)
Graphic designer: Freelance (04. 2011 – present)

[Residency Programs and Workshops]
EAST CALLS / Curatorial Residency/ Spring 2019, easttopics, Budapest, Hungary (04. 2019)
Para Site Workshops for Emerging Art Professionals 2018, Para Site, Hong Kong (11. 2018)
University of Arts in Poznan (Uniwersytet Artystyczny w Poznaniu), Poznan, Poland (10. 2016 – 09. 2017)
Cebu Globalization ESL Center, Cebu, Philippines (04. – 06. 2016)

[Selected Exhibition Works as a Curator]
Show and Tell: The Artists of Yamanaka Suplex and You, A-Lab, Hyogo, Japan (2019), co-curated Shu Ogasawara
Made in.between West-East, Galeria R20, Poznan, Poland (2018)
No. 93: Dream Ahead of ‘on the way to the future’, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), co-curated Hironori Yasukochi & Kai Maetani
Kishii Daisuke: The Play is the Work, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015)
Before Night Falls, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), co-curated with Takuya Yamada
Installing of the Exhibition ‘BNF’ & Artist, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), co-curated Takuya Yamada
Daisuke Yamashiro: HUMAN EMOTIONS, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015)
Documents collected by Rika Yamashita, ARTZONE, Kyoto, Japan (2014), co-curated Takuya Yamada & Rika Yamashita
Kotaro Tategami: What are you painting recently, Tategami?, ARTZONE, Kyoto, Japan (2014)
Ryotaro Fuyuki: PRESIDENT, ARTZONE, Kyoto, Japan (2013)
Flowing Narrative / Following Narrative, ARTZONE, Kyoto, Japan (2011)

[Selected Projects]
Online Visual Research Platform: UNDERSCAN Issue 2: connective(ity) / collective(ity), online (2018), co-curated Leung Ka-lun
Book Fair: An Introduction to Eastern Europe, Kyoto Okazaki TSUTAYA Books, Kyoto, Japan (2017), co-organized Akane Naniwa
Exhibition: Kenji Yanobe: CINEMATIZE, Takamatsu Art Museum, Takamatsu, Japan (2016), scenographed
Catalog: Kishii Daisuke: The Play is the Work, Independent (2016), published
Exhibition: Colette Huchard x Chiten, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), scenographed
Catalog: Before Night Falls, Independent (2015), co-published Takuya Yamada
Booklet: Ryotaro Fuyuki: Making Sense Out of Nonsense, Independent (2014), published
Booklet: Ryotaro Fuyuki: PRESIDENT, Independent (2013), published
Catalog: Kenji Yanobe: Sun Child, Akio Nagasawa Publishing (2012), designed
Catalog: Kenji Yanobe: Phantasmagoria, Ohara Museum of Art (2011), designed

[Public Lectures & Talk Events]
Lecture: Christianity / Poland / EU and the Island — Plurality of Art and Democracy, ART GALLERY MIYAUCHI, Hiroshima, Japan (09. 2018)
Talk Event: ART OR DESIGN — Designers after Relational Aesthetics, Hotel Anteroom Kyoto GALLERY9.5, Kyoto, Japan (09. 2018)
Lecture: Poland [in Europe, and Japan] Geography / Religion / Politics / Exhibitions, parlwr, Nagoya, Japan (08. 2018)
Lecture: Case Studies of Poland and Japan — Thinking from Akita as a Center, Akita University of Art, Akita, Japan (07. 2018)
Lecture: Principle of Poland — Geography / Catholic / Life, Kyoto City University of Arts, Kyoto, Japan (07. 2018)

[Awards and Scholarships]
Scholarship for Para Site Workshops, Hong Kong (2018)
Selected for Applied Typography of Japan 2011, Japan (2011)



堤 拓也 (つつみたくや)

1987年滋賀県生まれ。キュレーター、グラフィックデザイナー。

[学歴]
アダム・ミツキェヴィチ大学大学院 社会科学部カルチュラル・スタディーズ: 文化間コミュニケーション専攻, ポズナン, ポーランド (2017.10 – 2019.09)
京都造形芸術大学 芸術学部情報デザイン学科: 先端アートコース, 京都 (2007.04 – 2011.03)

[職歴]
山中suplex プロジェクト・マネージャー (2018 – 現在)
キュレーター (2016.04. – 現在)
京都造形芸術大学ARTZONE ディレクター / キュレーター (2013.04 – 2016.03)
グラフィックデザイナー (2011.04 – 現在)

[レジデンシー & ワークショップ]
EAST CALLS / Curatorial Residency / Spring 2019, easttopics, ブダペスト, ハンガリー (2019.04)
Para Site Workshops for Emerging Art Professionals 2018, Para Site, 香港 (2018.11)
ポズナン芸術大学 (Uniwersytet Artystyczny w Poznaniu), ポズナン, ポーランド (2016.10 – 2017.09)
セブ グローバリゼーションESLセンター, セブ, フィリピン (2016.04 – 06)

[主な企画展覧会: キュレーターとして]
山中suplexのみんなと尼崎にいるあなた, あまらぶアートラボ A-Lab, 兵庫(2019)コキュレーター: 小笠原 周
Made in.between West-East, Galeria R20, ポズナン, ポーランド (2018)
No.93「未来の途中」の先を夢見る, ARTZONE, 京都 (2015) コキュレーター: 安河内宏法 & 前谷 開
岸井大輔個展「戯曲は作品である」, ARTZONE, 京都 (2015)
Before Night Falls 夜になるまえに, ARTZONE, 京都 (2015) コキュレーター: 山田卓矢
Installing of the Exhibition “BNF” & Artist, ARTZONE, 京都 (2015) コキュレーター: 山田卓矢
山城大督個展「HUMAN EMOTIONS」, ARTZONE, 京都 (2015)
山下さん家のアーカイブを持って帰る, ARTZONE, 京都 (2014) コキュレーター: 山田卓矢 & 山下里加
鬣恒太郎個展「鬣くん, 最近どんな絵を描いてるの?」, ARTZONE, 京都 (2014)
冬木遼太郎個展「PRESIDENT」, ARTZONE, 京都 (2013)
Flowing Narrative / Following Narrative 浮遊する物語/次に来る物語, ARTZONE, 京都 (2011)

[その他のプロジェクト: グラフィックデザイン/編集/出版など]
オンラインサイト: UNDERSCAN Issue 2: connective(ity) / collective(ity), オンライン(2018), コキュレーター: Leung Ka-lun
ブックフェア: 東欧へのいざない — 雑貨と文学, 京都岡崎 蔦屋書店, 京都 (2017), 企画 (浪花朱音と共同) 
展覧会: ヤノベケンジ個展「シネマタイズ」, 高松市美術館, 高松 (2016), 空間デザイン
カタログ: 岸井大輔個展「戯曲は作品である」記録集, インディペンデント (2016), 発行
展覧会: ニュイ・ブランシュ2015「コレット・ウシャール×地点」, ARTZONE, 京都 (2015), 空間デザイン
カタログ: Before Night Falls 夜になるまえに, インディペンデント (2015), 発行 (山田卓矢と共同) 
ブックレット: 冬木遼太郎「Making Sense Out of Nonsense」記録集, インディペンデント (2014), 発行
ブックレット: 冬木遼太郎「PRESIDENT」記録集, インディペンデント (2013), 発行
カタログ: ヤノベケンジ サンチャイルド, Akio Nagasawa Publishing (2012), グラフィックデザイン
カタログ: ヤノベケンジ個展「幻燈夜会」, 大原美術館 (2011), グラフィックデザイン

[レクチャー & トークイベント]
トークイベント:「浦島太郎にとって竜宮城はアナザースカイだったのか? —海外美術研修のメリット デメリットを話し合う」, 京都芸術センター, 京都 (2019.02)
レクチャー:「キリスト教・ポーランド・EUと島国: 芸術と民主主義の複数性」, アートギャラリーミヤウチ, 広島 (2018.09)
トークイベント:「アート OR デザイン: ブリオー以降のデザイナ—」, ホテルアンテルーム京都 GALLERY9.5, 京都 (2018.09)
トークイベント:「ポーランド[とヨーロッパと日本]: 地勢・宗教・政治・展示」, パルル/parlwr, 名古屋 (2018.08)
レクチャー: 向三軒両隣トークシリーズ2018 vol.4「ポーランドとキョウトの事例:アキタという中心から考える」, 秋田公立美術大学, 秋田 (2018.07)
レクチャー: 社会と芸術 (担当 加須屋明子)「ポーランドの原理:地勢・カトリック・生活」, 京都市立芸術大学, 京都 (2018.07)
トークイベント: 小宮太郎個展「The skill of pen spinner」, 棒/vou, 京都 (2018.06)

[授賞 & スカラシップ]
スカラシップ: パラサイト・ワークショップ, 香港 (2018)
タイポグラフィ年鑑2011 入選 (2011)



Copyright © 2019 TAKUYA TSUTSUMI. All Rights Reserved.

Using Format