[C.V.]


TAKUYA TSUTSUMI


Independent curator/Graphic designer
Born in Japan (b.1987) and based in the Kansai region.

[Education]
MA, Cultural Studies, Specialty Intercultural Communication at Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland (10. 2017 – 09.2019)
BFA, Department of Information Design: Intermedia Art at Kyoto University of Art and Design, Kyoto, Japan (04.2007 – 03. 2011)

[Professional Experiences]
Curator (Contemporary Art), Aichi Triennale 2022 (03. 2021 – present)
Programme Director, Yamanaka Suplex (10.2018 – present)
Independent Curator (04. 2016 – present)
Director/Curator, ARTZONE of Kyoto University of Art and Design, Kyoto, Japan (04. 2013 – 03. 2016)
Graphic designer, Freelance (04. 2011 – present)

[Residency Programs and Workshops]
EAST CALLS/Curatorial Residency/Spring 2019, easttopics, Budapest, Hungary (04. 2019)
Para Site Workshops for Emerging Art Professionals 2018, Para Site, Hong Kong (11. 2018)
University of Arts in Poznan (Uniwersytet Artystyczny w Poznaniu), Poznan, Poland (10. 2016 – 09. 2017)

[Selected Exhibition Works as Curator]
Light of My World, Former Ginrei Building, Kyoto, Japan (2021), co-curated Keino Yuka
Yamanaka Suplex: Salt of the Blood, LEESAYA, Tokyo, Japan (2021)
The Analogial Mirrors, Yamanaka Suplex, Shiga, Japan (2020)
Trials, Developments, Research of Exhibition Formats Hypothesizing New Conditions of Seeing (Drive-in Form, Trial Iteration), Yamanaka Suplex, Shiga, Japan (2020)
ISDRSI [Isodo-Reisui], Toyooka City Museum of Art, Hyogo, Japan (2020)
Show and Tell: The Artists of Yamanaka Suplex and You, A-Lab, Hyogo, Japan (2019), co-curated Shu Ogasawara
Made in.between West-East, Galeria R20, Poznan, Poland (2018)
Online Visual Research Platform: UNDERSCAN Issue 2: connective(ity)/collective(ity), online (2018), co-curated Leung Ka-lun
No. 93: Dream Ahead of ‘on the way to the future’, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), co-curated Hironori Yasukochi & Kai Maetani
Kishii Daisuke: The Play is the Work, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015)
Before Night Falls, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), co-curated with Takuya Yamada
Installing of the Exhibition ‘BNF’ & Artist, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), co-curated Takuya Yamada
Daisuke Yamashiro: HUMAN EMOTIONS, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015)
Documents collected by Rika Yamashita, ARTZONE, Kyoto, Japan (2014), co-curated Takuya Yamada & Rika Yamashita
Kotaro Tategami: What are you painting recently, Tategami?, ARTZONE, Kyoto, Japan (2014)
Ryotaro Fuyuki: PRESIDENT, ARTZONE, Kyoto, Japan (2013)
Flowing Narrative/Following Narrative, ARTZONE, Kyoto, Japan (2011)

[Selected Projects except for the Curation]
Exhibition: Early 90’s Tokyo Art Squad (curated by Min Nishihara), 3331 Arts Chiyoda, Tokyo (2020), designed
Exhibition: Shu Ogasawara: The Legendary Sculpture in Amagasaki, Amagasakijoshi Park, Hyogo (2019), coordinated
Book Fair: An Introduction to Eastern Europe, Kyoto Okazaki TSUTAYA Books, Kyoto, Japan (2017), co-organized Akane Naniwa
Exhibition: Kenji Yanobe: CINEMATIZE, Takamatsu Art Museum, Takamatsu, Japan (2016), scenographed
Catalog: Kishii Daisuke: The Play is the Work, Independent (2016), published
Exhibition: Colette Huchard x Chiten, ARTZONE, Kyoto, Japan (2015), scenographed
Catalog: Before Night Falls, Independent (2015), co-published Takuya Yamada
Booklet: Ryotaro Fuyuki: Making Sense Out of Nonsense, Independent (2014), published
Booklet: Ryotaro Fuyuki: PRESIDENT, Independent (2013), published
Catalog: Kenji Yanobe: Sun Child, Akio Nagasawa Publishing (2012), designed
Catalog: Kenji Yanobe: Phantasmagoria, Ohara Museum of Art (2011), designed

[Public Lectures & Talk Events]
Lecture: Christianity/Poland/EU and the Island — Plurality of Art and Democracy, ART GALLERY MIYAUCHI, Hiroshima, Japan (09. 2018)
Talk Event: ART OR DESIGN — Designers after Relational Aesthetics, Hotel Anteroom Kyoto GALLERY9.5, Kyoto, Japan (09. 2018)
Lecture: Poland [in Europe, and Japan] Geography/Religion/Politics/Exhibitions, parlwr, Nagoya, Japan (08. 2018)
Lecture: Case Studies of Poland and Japan — Thinking from Akita as a Center, Akita University of Art, Akita, Japan (07. 2018)
Lecture: Principle of Poland — Geography/Catholic/Life, Kyoto City University of Arts, Kyoto, Japan (07. 2018)

[Awards and Scholarships]
Shiga Prefecture Cultural Award for the Next Generation, Shiga (2021)
Arts Support Kansai, Osaka (2021)
Arts Support Kansai, Osaka (2020)
Scholarship for Para Site Workshops, Hong Kong (2018)
Selected for Applied Typography of Japan 2011, Japan (2011)


堤 拓也 (つつみたくや)

1987年滋賀県生まれ。インディペンデント・キュレーター、グラフィックデザイナー。

[学歴]
アダム・ミツキェヴィチ大学大学院 社会科学部カルチュラル・スタディーズ: 文化間コミュニケーション専攻, ポズナン, ポーランド (2017.10 – 2019.09)
京都造形芸術大学 芸術学部情報デザイン学科 先端アートコース, 京都 (2007.04 – 2011.03)

[職歴]
国際芸術祭「あいち20222」キュレーター (現代美術) (2021.03 –)
京都府 アーツアドバイザー (2020.05 – 2021.03)
山中suplex プログラム・ディレクター (2018.10 –)
インディペンデント・キュレーター (2016.04 –)
京都造形芸術大学ARTZONE ディレクター/キュレーター (2013.04 – 2016.03)
グラフィックデザイナー (2011.04 –)

[レジデンシー & ワークショップ]
EAST CALLS / Curatorial Residency / Spring 2019, easttopics, ブダペスト, ハンガリー (2019.04)
Para Site Workshops for Emerging Art Professionals 2018, Para Site, 香港 (2018.11)
ポズナン芸術大学 (Uniwersytet Artystyczny w Poznaniu), ポズナン, ポーランド (2016.10 – 2017.09)

[主な企画展覧会: キュレーターとして]
国際芸術祭「あいち20222」, 愛知芸術文化センター・一宮市・常滑市ほか, 愛知 (2022) ※予定
鳥海修展「もじのうみ: 水のような、空気のような活字」, 京都dddギャラリー, 京都 (2022) ※予定
余の光/Light of My World, 旧銀鈴ビル, 京都 (2021), コキュレーター: 慶野結香
山中suplex「地の塩/Salt of the Blood」, LEESAYA, 東京 (2021)
ドライブイン展覧会「類比の鏡/The Analogical Mirrors」, 山中suplex, 滋賀 (2020)
新たな鑑賞条件を想定した展覧会フォーマットの研究・開発・試行 (ドライブイン形式・試行編), 山中suplex, 滋賀 (2020)
ISDRSI 磯人麗水, 豊岡市立美術館–伊藤清永記念館–ほか, 兵庫 (2020)
山中suplexのみんなと尼崎にいるあなた, あまらぶアートラボ A-Lab, 兵庫 (2019), コキュレーター: 小笠原周
Made in.between West-East, Galeria R20, ポズナン, ポーランド (2018)
オンラインサイト: UNDERSCAN Issue 2: connective(ity)/collective(ity), オンライン(2018), コキュレーター: Leung Ka-lun
No.93「未来の途中」の先を夢見る, ARTZONE, 京都 (2015), コキュレーター: 安河内宏法 & 前谷 開
岸井大輔個展「戯曲は作品である」, ARTZONE, 京都 (2015)
Before Night Falls 夜になるまえに, ARTZONE, 京都 (2015), コキュレーター: 山田卓矢
Installing of the Exhibition “BNF” & Artist, ARTZONE, 京都 (2015), コキュレーター: 山田卓矢
山城大督個展「HUMAN EMOTIONS」, ARTZONE, 京都 (2015)
山下さん家のアーカイブを持って帰る, ARTZONE, 京都 (2014), コキュレーター: 山田卓矢 & 山下里加
鬣恒太郎個展「鬣くん, 最近どんな絵を描いてるの?」, ARTZONE, 京都 (2014)
冬木遼太郎個展「PRESIDENT」, ARTZONE, 京都 (2013)
Flowing Narrative / Following Narrative 浮遊する物語/次に来る物語, ARTZONE, 京都 (2011)

[その他のプロジェクト: グラフィックデザイン/編集/出版など]
展覧会: 高嶺格「歓迎されざる者〜北海道バージョン」, 札幌文化芸術交流センター SCARTS, 北海道 (2021), グラフィックデザイン
展覧会:「Soft Territory かかわりのあわい」展 石黒健一作品《百年後に見る鳥と魚の夢》, 滋賀県立美術館, 滋賀 (2021), グラフィックデザイン協力
展覧会: びわ湖・アーティスツ・みんぐる2020, 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール, 滋賀 (2021), 山中suplexとして出品
展覧会:「文化庁メディア芸術祭 京都展」展 田村友一郎作品《顰(Shikami)/Grimace》, 京都文化博物館別館ホール, 京都 (2021), 相談役
オンラインメディア:「目を凝らそ」(ディレクション: 植田憲司、山城大督), オンライン (2020–), グラフィックデザイン・編集協力
展覧会: アーリー90's トーキョー アートスクアッド (キュレーション: 西原珉), アーツ千代田 3331, 東京 (2020), グラフィックデザイン
展覧会: 小笠原周 凱旋EXHIBITION「尼崎の伝説の彫刻」, 尼崎城址公園ほか, 兵庫 (2019), コーディネーション
ブックフェア: 東欧へのいざない — 雑貨と文学, 京都岡崎 蔦屋書店, 京都 (2017), 企画 (浪花朱音と共同) 
展覧会: ヤノベケンジ個展「シネマタイズ」, 高松市美術館, 高松 (2016), 空間デザイン
カタログ: 岸井大輔個展「戯曲は作品である」記録集, インディペンデント (2016), 発行
展覧会: ニュイ・ブランシュ2015「コレット・ウシャール×地点」, ARTZONE, 京都 (2015), 空間デザイン
カタログ: Before Night Falls 夜になるまえに, インディペンデント (2015), 発行 (山田卓矢と共同) 
ブックレット: 冬木遼太郎「Making Sense Out of Nonsense」記録集, インディペンデント (2014), 発行
ブックレット: 冬木遼太郎「PRESIDENT」記録集, インディペンデント (2013), 発行
カタログ: ヤノベケンジ サンチャイルド, Akio Nagasawa Publishing (2012), グラフィックデザイン
カタログ: ヤノベケンジ個展「幻燈夜会」, 大原美術館 (2011), グラフィックデザイン

[レクチャー & トークイベント]
トークイベント: 黒田大スケ「未然のライシテ、どげざの目線」関連トーク, 京都芸術センター, 京都 (2021.03)
トークイベント: 第13回文化ビジネス塾(びわ湖芸術文化茶論)「アートを地域のプラットフォームに」, 山中suplex, 滋賀 (2020.08)
トークイベント:「The Imabari Landscape They Saw: 今治で展覧会するなら、どんな感じ? 山中suplexにきいてみた」, はーばりー みなとホール, 愛媛 (2020.07)
トークイベント:「浦島太郎にとって竜宮城はアナザースカイだったのか? —海外美術研修のメリット デメリットを話し合う」, 京都芸術センター, 京都 (2019.02)
レクチャー:「キリスト教・ポーランド・EUと島国: 芸術と民主主義の複数性」, アートギャラリーミヤウチ, 広島 (2018.09)
トークイベント:「アート OR デザイン: ブリオー以降のデザイナ—」, ホテルアンテルーム京都 GALLERY9.5, 京都 (2018.09)
トークイベント:「ポーランド[とヨーロッパと日本]: 地勢・宗教・政治・展示」, パルル/parlwr, 名古屋 (2018.08)
レクチャー: 向三軒両隣トークシリーズ2018 vol.4「ポーランドとキョウトの事例:アキタという中心から考える」, 秋田公立美術大学, 秋田 (2018.07)
レクチャー: 社会と芸術 (担当 加須屋明子)「ポーランドの原理:地勢・カトリック・生活」, 京都市立芸術大学, 京都 (2018.07)
トークイベント: 小宮太郎個展「The skill of pen spinner」関連トーク, 棒/vou, 京都 (2018.06)

[授賞 & スカラシップ]
滋賀県次世代文化賞, 滋賀 (2021)
アーツサポート関西 岩井コスモ証券ASK支援寄金, 大阪 (2021)
アーツサポート関西 岩井コスモ証券ASK支援寄金, 大阪 (2020)
スカラシップ: パラサイト・ワークショップ, 香港 (2018)
タイポグラフィ年鑑2011 入選 (2011)


Copyright © 2021 TAKUYA TSUTSUMI. All Rights Reserved.

Using Format